社会経済研究所

ディスカッションペーパー

進化的数理モデルによる社会経済現象の記述

  • 小松 秀徳,杉山 大志
  • SERC Discussion Paper 11025
  • Date:2011.9.9
   

要約

 

 人間の意思決定のメカニズムはどのようにして形成されたのだろうか。また、各人の意思決定の相互作用を積み上げていった結果としての社会経済的な現象は、どのように形成されたのだろうか。人間は生物であり、生物の唯一の指導原理は進化である。したがって、人間の様々な社会経済現象は、進化の観点から統一的に説明できる可能性がある。本稿では、このような進化に注目した数理モデルを構築することによって、社会経済現象を扱ってきた既存の諸分野における定性的な説明を体系化し、科学技術政策における合理的・安定的な意思決定を行う道具として役立てることができるかを予備的に考察する。また、社会経済現象の一例としてリスク認知バイアスを取り上げ、その発生起源を進化心理学的な観点から説明する数理モデルの簡単な例についても検討する。

本文ダウンロード:本文

免責事項

「社会経済研究所 ディスカッションペーパー」の記載において、意見にかかる部分は筆者のものであり、電力中央研究所又はその他機関の見解を示すものではありません。

Get ADOBE READER
PDFファイルを読むためにはAdobe(R) Acrobat(R) Reader(R)のインストールが必要です。
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry