社会経済研究所

HOME > 研究員の紹介 > 研究員プロフィール

研究員プロフィール

(更新日:2021年08月02日)
氏名 田中 拓朗(たなか たくろう)
職位・職務 主任研究員
研究分野 実証産業組織論
e-mail tanataku(at)criepi.denken.or.jp    ※(at)は@に置き換えて下さい。
所属学会 公益事業学会、日本経済政策学会、International Association for Energy Economics
学位 博士(経済学)

◆学職歴

2016年3月 神戸大学大学院経済学研究科 博士後期課程修了,博士(経済学)
2016年4月 電力中央研究所 入所

◆主な研究業績

電力中央研究所 研究報告書

電力中央研究所 研究報告書については、
次のURL(https://criepi.denken.or.jp/hokokusho/pb/reportSearch)よりダウンロード可能です

主著:
  • 田中 拓朗:パーソナルデータの提供に関する消費者の意思決定に影響を与える要因の分析, Y18004, 2019.
共著:
  • 井上 智弘, 田中 拓朗:JEPXスポット市場における価格の長期予測手法の検討, Y17002, 2018.

学術論文

主著: 共著:
  • 査読あり
  • 向井登志広・田中拓朗 (2020)「家庭CO2統計を用いた機器保有状況の分類手法に関する検証」『エネルギー・資源学会論文誌』, 第41巻, 第6号, pp.328-335.
  • Mizutani, F., T. Tanaka, and E. Nakamura, 2018. “The effect of demand response on electricity consumption under the existence of the reference price effect: Evidence from a dynamic pricing experiment in Japan”, Electricity Journal, Vol.31 (1), pp.16-22.
  • 明城聡・田中拓朗 (2017) 「都市ガス産業の規制緩和と新規参入の分析」『公益事業研究』 第69巻, 第1号, pp.1-15.
  • 査読なし
  • Myojo, S., and T. Tanaka, (2020) Survival Analysis of Public Gas Utility Firms in the Japanese City Gas Industry, Shinichi Kusanagi, Takashi Yanagawa eds., Privatization of Public City Gas Utilities, Kobe University Monograph Series in Social Science Research, pp.17-36, Springer.
  • 明城聡・田中拓朗 (2017) 「公営ガス事業者の事業譲渡に関する生存時間分析」 『ガス事業研究会報告書』 pp.127-140.
  • 明城聡・田中拓朗 (2016) 「都市ガス産業の生産性と規制緩和の分析」 『ガス事業研究会報告書』 pp.127-143.

国際会議

  • 査読あり
  • Tanaka, T., “The effect of Procuring Electricity In-House on Utility’s Performance: Evidence from the U.S. Electric Utility Industry”, 35th USAEE/IAEE North American Conference, November 12-15, 2017 (Houston, USA).
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry