HOME研究成果原子力発電

原子力発電

研究のベクトル

既設軽水炉の再稼働後の安定運転のため、確率論的リスク評価手法の開発とその実務展開の促進など、原子力発電のリスク定量化に向けた研究を実施しました。また、原子炉の運転期間延長を視野に入れて、圧力容器・炉内構造物等の経年劣化に対する健全性評価手法の高精度化を進めました。さらに、核燃料サイクルの実現に向けた使用済原子燃料の管理、放射性廃棄物処分事業、原子力施設の廃止措置に関わる研究に取り組みました。これらの技術の集約によりS+3E(安全性と経済性、環境適合、エネルギーセキュリティ)を達成する原子力発電を実現し、カーボンニュートラルを実現した社会における安定したエネルギー供給に貢献していきます。

貢献事例

件名
国際的なガイドラインの適用により確率論的地震ハザード評価の信頼性を向上
津波による原子力発電所の事故および放射性物質の環境放出に関するPRA技術を開発
高温水中での脱酸素剤の酸素捕捉性能の測定手法を開発
超小型試験片による延性破壊の強度評価手法を提案
合理的な放射線防護のためのリスク・線量評価の不確かさを定量化

報告書/最新情報

報告書番号 タイトル 報告書
全文
000000 タイトル PDF
(0.00MB)

関連コンテンツ

HOME研究成果原子力発電