HOME研究成果原子力発電

原子力発電

研究のベクトル

既設軽水炉の再稼働や再稼働後の安定運転のため、確率論的リスク評価の実践など原子力の安全性の定量化に向けた取り組みを推進しています。また、核燃料サイクルの実現に向けて、使用済原子燃料を適切に管理するための研究を実施しています。さらに、今後長期にわたって原子力発電を利用するために、放射性廃棄物処分事業や原子力施設の廃止措置に係わる研究に取り組んでいます。これらの技術を集約することで、高安全で低コストの原子力発電を実現し、原子力発電の設備容量を将来にわたって一定程度の割合で維持するというわが国のエネルギー基本計画の達成に貢献していきます。

貢献事例

件名
原子力発電所の内部火災に対するPRAガイドを策定
原子力サイトの竜巻風速ハザード評価技術を開発
国際協力を活用して原子燃料の安全性向上のための基盤を整備
配管破損時の水噴流の影響範囲を定量化

報告書/最新情報

報告書番号 タイトル 報告書
全文
000000 タイトル PDF
(0.00MB)

関連コンテンツ

HOME研究成果原子力発電