環境

研究のベクトル

持続可能な社会を実現するためには、自然環境に配慮しつつ電気エネルギーを低廉で安定的に供給する技術が必要です。当研究所は、地球温暖化対策における電気利用の役割の検討や、循環型社会の形成に必要な脱炭素技術の開発、周辺環境と調和した発電所や送配電設備の実現に向けたシミュレーション技術と計測技術の開発を通じて、環境と共生するエネルギーシステムの実現に貢献していきます。

貢献事例

件名
生物学的評価手法を用いて電磁界の生体影響を評価
簡易・迅速な大気環境アセスメントの手法を開発
IH調理器が発する磁界の生体への影響を解明
汎用的な3次元温排水拡散モデルを開発

報告書/最新情報

報告書番号 タイトル 報告書
全文
000000 タイトル PDF
(0.00MB)

関連コンテンツ