環境

研究のベクトル

地球温暖化問題に関する政策の分析や対策技術の動向把握と事業性の評価を行っています。また、環境アセスメントの期間短縮や省コスト化を目的として、発電所周辺環境の数値予測手法や調査手法の開発を行っています。さらに、送配電設備で発生する電磁界影響の懸念に応えるための研究や、PM2.5の健康リスクに関する研究を行っています。これらの取り組みにより、環境と共生するエネルギーシステムの実現に貢献していきます。

貢献事例

件名
ネットゼロ排出達成に向けたシナリオや政策を分析
生物学的評価手法を用いて電磁界の生体影響を評価
簡易・迅速な大気環境アセスメントの手法を開発

報告書/最新情報

報告書番号 タイトル 報告書
全文
000000 タイトル PDF
(0.00MB)

関連コンテンツ