社会経済研究所

研究員プロフィール

(更新日:2018年11月06日)
氏名 浜潟 純大(はまがた すみお)
領域 事業制度・経済分析領域
職位 主任研究員
研究分野 日本経済のマクロ分析、電力需要予測、生産性分析
e-mail hamagata(at)criepi.denken.or.jp    ※(at)は@に置き換えて下さい。
所属学会 日本経済学会、応用地域学会、エネルギー・資源学会、Regional Science Association International

◆学職歴

2007年3月 筑波大学 システム情報工学研究科 単位取得退学
2007年4月 電力中央研究所 入所

◆主な研究業績

電力中央研究所 研究報告書

電力中央研究所 研究報告書については、
次のURL(https://criepi.denken.or.jp/jp/kenkikaku/cgi-bin/report_reference.cgi)よりダウンロード可能です

主著:
  • 浜潟 純大:地域別・産業別にみた国内製造業の生産動向の特徴−企業向けアンケート調査に基づく分析−, Y15014, 2016.
  • 浜潟 純大:2030年までのマクロ経済・産業構造展望−エネルギー需給展望に向けた日本経済の成長力の見方−, Y14017, 2015.
  • 浜潟 純大, 星野 優子, 永田 豊, 桜井 紀久, 門多 治:2030年までの産業構造・エネルギー需給展望, Y12033, 2013.
  • 浜潟 純大:わが国のIT化が産業の構造変化や生産性向上に与える影響, Y10037, 2011.
  • 浜潟 純大, 人見 和美:都道府県別社会資本ストックデータ(1980-2004)の開発, Y08006, 2009.
  • 浜潟 純大, 門多 治, 森川 浩一郎:海外直接投資の中期的動向に関する調査−2007年度アンケート調査結果報告−, Y07034, 2008.
共著:
  • 星野 優子, 浜潟 純大, 永田 豊:2015年版長期エネルギー需給見通しの検証, Y15012, 2016.
  • 林田 元就, 間瀬 貴之, 浜潟 純大:日本経済と電力需要の短期予測 −世界経済停滞・長期金利上昇・消費税率据置のシミュレーション分析−, Y13001, 2013.
  • 門多 治, 浜潟 純大, 桜井 紀久:2030年までの日本経済中期展望 -財政再建への道-, Y12001, 2012.
  • 後藤 久典, 尾身 祐介, 浜潟 純大:企業価値評価における無形資産の重要性とわが国の現状, Y10004, 2010.
  • 門多 治, 浜潟 純大, 服部 恒明:2030年までの日本経済中期展望 - マクロ経済・財政・産業構造 -, Y09018, 2010.
  • 服部 恒明, 門多 治, 浜潟 純大:財政=マクロ経済連動モデルの開発とシミュレーション, Y08056, 2009.
  • 門多 治, 浜潟 純大:2020年までの日本経済中期展望 -財政再建と成長シナリオ-, Y08051, 2009.
  • 長野 浩司, 朝岡 善幸, 永田 豊, 浜潟 純大, 人見 和美:原子力の燃料供給安定性の定量的評価, Y07008, 2008.

学術論文

共著:
  • 田口 裕史・浜潟 純大(2016)「産業・業務用電力需要に対する産業構造変化の影響」, 『電力経済研究』, 第63号, pp.50-65.
  • 宮川 努・竹内 文英・浜潟 純大 (2008) 「産業構造の転換と日本経済の成長力」, 香西 泰・宮川 努・日本経済研究センター 編『日本経済 グローバル競争力の再生―ヒト・モノ・カネの歪みの実証分析―』, 第3章, 日本経済新聞出版社.
  • 宮川 努・深尾 京司・浜潟 純大・滝澤 美帆 (2008) 「産業レベルの資源配分効率性」, 深尾 京司・宮川 努 編『生産性と日本の経済成長―JIPデータベースによる産業・企業レベルの実証分析―』, 第3章, 東京大学出版会.
  • 深尾 京司・宮川 努・権赫旭・乾 友彦・浜潟 純大・織井 啓介・徳井 丞次・牧野 達治・高橋 陽子・伊藤 恵子・中西 泰夫・松浦 寿幸・村上 友佳子・金 榮愨 (2008) 「JIPデータベースの推計方法」, 深尾 京司・宮川 努 編『生産性と日本の経済成長―JIPデータベースによる産業・企業レベルの実証分析―』, 第2章, 東京大学出版会.
  • 深尾 京司・宮川 努・徳井 丞次・乾 友彦・浜潟 純大 (2008) 「日本経済の成長会計分析」, 深尾 京司・宮川 努 編『生産性と日本の経済成長―JIPデータベースによる産業・企業レベルの実証分析―』, 第1章, 東京大学出版会.
  • 宮川 努・浜潟 純大 (2007) 「ヴィンテージ資本と更新投資循環」, 『日本経済の構造変化と景気循環』, 第7章, 東京大学出版会.
  • Fukao, K., S. Hamagata, T. Miyagawa, and K Tonogi (2007) “Intangible Investment in Japan: Measurement and Contribution to Economic Growth”, RIETI Discussion Paper Series, 07-E-034.
  • Fukao K., S. Hamagata, T. Inui, K. Ito, H. U. Kwon, T. Makino, T. Miyagawa, Y. Nakanishi, and J. Tokui (2007) “Estimation Procedures and TFP Analysis of the JIP Database 2006”, RIETI Discussion Paper Series, 07-E-003.
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry