社会経済研究所

研究員プロフィール

(更新日:2018年11月06日)
氏名 永井 雄宇(ながい ゆう)
領域 エネルギーシステム分析領域
職位 主任研究員
研究分野 エネルギーシステム分析、エネルギー技術・政策評価
e-mail nagai-yu(at)criepi.denken.or.jp    ※(at)は@に置き換えて下さい。
所属学会 電気学会、エネルギー・資源学会

◆学職歴

2006年 Georgia Institute of Technology 機械工学科卒業
2009年 東京大学大学院新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻 修士課程修了
2009年 国際応用システム分析研究所(IIASA) 入所
2013年 電力中央研究所 入所
2017年 Technische Universität Wien エネルギー経済学 博士課程修了

◆主な研究業績

電力中央研究所 研究報告書

電力中央研究所 研究報告書については、
次のURL(https://criepi.denken.or.jp/jp/kenkikaku/cgi-bin/report_reference.cgi)よりダウンロード可能です

主著:
  • 永井 雄宇, 山本 博巳, 岡田 健司, 矢部 邦明, 永田 豊:地域間電力融通の効果を定量的に評価する電源構成モデルの開発-再生可能エネルギー大量導入時の電源構成分析の改良-, Y15021, 2016.
共著:
  • 古澤 健, 岡田 健司, 丸山 真弘, 朝野 賢司, 永井 雄宇:欧州の配電事業者の配電料金設計の現状と課題-系統需要減少の影響を中心に-, Y15024, 2016.
  • 朝野 賢司, 岡田 健司, 永井 雄宇, 丸山 真弘:欧州における再生可能エネルギー普及政策と電力市場統合に関する動向と課題, Y15022, 2016.
  • 山本 博巳, 矢部 邦明, 坂東 茂, 永井 雄宇:再生可能エネルギーの大量導入が電源の設備量と運転モードに及ぼす影響評価−揚水式水力の精緻化と全国大での試算−, Y14002, 2014.

電力中央研究所 研究資料

電力中央研究所 研究資料については、
次のURL(https://criepi.denken.or.jp/jp/serc/source/index.html)よりダウンロード可能です

共著:

学術論文

主著: 共著:
  • 西尾健一郎他(2018)「経済成長と環境負荷のデカップリングの解釈をめぐる課題」電力経済研究No.65
  • 岡田健司・永井雄宇(2017)「エリア別送電混雑コスト評価ツールの開発」電力経済研究No.64
  • Lam, N. L., S. Pachauri, P. Purohit, Y. Nagai, M. N Bates, C. Cameron, and K. Smith, 2016. “Kerosene subsidies for household lighting in India: what are the impacts?,” Environmental Research Letters, Vol. 11, 044014.
  • McCollum, D. L., V. Krey, P. Kolp, Y. Nagai, and K. Riahi, 2014. “Transport electrification: a key element for energy system transformation and climate stabilization,” Climatic Change, Vol. 123, 651-664.
  • McCollum, D. L., Y. Nagai, K. Riahi, G. Marangoni, K. Calvin, R. Pietzcker, J. van Vliet, and B. van der Zwaan, 2013. “Energy investments under climate policy: a comparison of global models,” Climate Change Economics, Vol. 4, No.4, 1340010.
  • Pachauri, S., B. J. van Ruijven, Y. Nagai, K. Riahi, D. P. van Vuuren, A. Brew-Hammond, and N. Nakicenovic, 2013. "Pathways to achieve universal household access to modern energy by 2030," Environmental Research Letters, Vol. 8, 024015.
  • Mainali, B., S. Pachauri, and Y. Nagai, 2012, "Analyzing cooking fuel and stove choices in China till 2030," Journal of Renewable and Sustainable Energy, Vol. 4, 03180501-03180515.
  • Narula, K., Y. Nagai, and S. Pachauri, 2012, "The role of Decentralized Distributed Generation in achieving universal rural electrification in South Asia by 2030," Energy Policy, Vol. 47, 345-357.
  • Krey, V., B. C. O'Neill, B. van Ruijven, V. Chaturvedi, V. Daioglou, J. Eom, L. Jiang, Y. Nagai, S. Pachauri, and X. Ren, 2012, "Urban and rural energy use and carbon dioxide emissions in Asia," Energy Economics Vol. 34, 272-283.
  • van Vliet, O., V. Krey, D. McCollum, S. Pachauri, Y. Nagai, S. Rao, and K. Riahi, 2012, "Synergies in the Asian energy system: Climate change, energy security, energy access and air pollution," Energy Economics, Vol. 34, 470-480.

著書・協力執筆

  • Global Energy Assessment, 2012, Contributing Author for Chapter 1: Energy Primer, Chapter 17: Energy pathways for Sustainable Development, and Chapter 19: Energy Access for Development.
  • IPCC Special Report on Renewable Energy Sources and Climate Change Mitigation, 2011, Contributing Author for Chapter 9: Renewable Energy in the Context of Sustainable Development.
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry