社会経済研究所

HOME > 研究員の紹介 > 研究員プロフィール

研究員プロフィール

(更新日:2021年08月06日)
氏名 服部 徹(はっとり とおる)
職位・職務 社会経済研究所 副所長
(兼)社会経済分野統括
副研究参事
研究分野 公益事業論
e-mail toru-h(at)criepi.denken.or.jp    ※(at)は@に置き換えて下さい。
所属学会 公益事業学会、日本リアルオプション学会(評議員)、研究・イノベーション学会(評議員)、国際エネルギー経済学会
学位 博士(経営学)

◆学職歴

1996年3月 国際基督教大学大学院行政学研究科博士前期課程修了
1996年4月 電力中央研究所 入所
2000年〜2001年 オハイオ州立大学・全米規制研究所 客員研究員
2005年〜2020年 一橋大学大学院国際・公共政策大学院アジア公共政策プログラム 非常勤講師
2006年〜2019年 九州大学大学院総合理工学府 先端エネルギー理工学専攻 非常勤講師
2010年3月 筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士後期課程修了
2020年4月~ 中央大学大学院戦略経営研究科 客員教授

◆主な研究業績

電力中央研究所 研究報告書

電力中央研究所 研究報告書については、
次のURL(https://criepi.denken.or.jp/hokokusho/pb/reportSearch)よりダウンロード可能です

主著:
  • 服部 徹, 古澤 健, 星野 光:欧州の金融的送電権の導入と運用に関する経済的課題, Y18001, 2019.

学術論文

主著:

論文

  • 服部徹;電力システム改革で創設された新市場の課題〜市場メカニズムの活用による改革の行方〜,電気評論, 684号, 57-61, 2020
  • 服部徹;米国の原子力事業者Exelonの経営戦略とパフォーマンス−原子力発電と事業ポートフォリオが収益性に与える影響−, 電力経済研究No.67, 19-34, 2020
  • 服部徹;英国における新設原子力発電所の資金調達手法としての規制資産ベース(RAB)モデルの導入をめぐる議論, 社会経済研究所ディスカッション ペーパーSERC20009, 2021
  • 服部徹;中長期の供給力確保のための考え方と容量市場〜我が国における容量市場創設の経緯から〜, 電気評論,689号, 2021

資格

  • 実用英語技能検定1級
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry