社会経済研究所

研究員プロフィール

(更新日:2018年10月22日)
氏名 古澤 健(ふるさわ けん)
領域 エネルギーシステム分析領域
職位 主任研究員
研究分野 電力系統工学、エネルギー経済
e-mail k-furu(at)criepi.denken.or.jp    ※(at)は@に置き換えて下さい。
所属学会 電気学会、IEEE、CIGRE

◆学職歴

2002年3月 大阪大学工学部電子情報エネルギー工学科 卒業
2004年3月 大阪大学大学院工学研究科電気工学専攻 博士前期課程 修了
2007年3月 大阪大学大学院工学研究科電気工学専攻 博士後期課程 修了
2007年4月 電力中央研究所 入所

◆主な研究業績

電中研報告書

電力中央研究所報告については、
次のURL(https://criepi.denken.or.jp/jp/kenkikaku/cgi-bin/report_reference.cgi)よりダウンロード可能です

主著:
  • 古澤 健, 岡田 健司, 丸山 真弘:多地域における連系系統送電混雑コスト評価プログラムの開発と有効性の検証, Y09001, 2010.
  • 古澤 健, 田頭 直人, 岡田 健司:再生可能エネルギー電源を含む供給信頼度価値の評価手法の動向−欧米における風力電源の利用可能容量−, Y09030, 2010.
  • 古澤 健, 岡田 健司:風力電源大量導入を考慮した多地域・多時間帯の火力電源運用プログラムの提案, Y11025, 2012.
  • 古澤 健:ドイツの再生可能エネルギー電源普及に伴う影響-卸電力市場の価格と系統運用の再給電指令-, Y12009, 2013.
  • 古澤 健, 岡田 健司, 後藤 美香:ドイツ・イギリスの需給調整メカニズムの動向と課題-需給調整能力の確保と費用決済-, Y13018, 2014.
  • 古澤 健, 岡田 健司:ドイツの需給調整メカニズムの広域化の動向と課題, Y14021, 2015.
  • 古澤 健, 岡田 健司, 丸山 真弘, 朝野 賢司, 永井 雄宇:欧州の配電事業者の配電料金設計の現状と課題-系統需要減少の影響を中心に-, Y15024, 2016.
共著:
  • 岡田 健司, 古澤 健:送電混雑コスト評価プログラムの開発−送電線増設によるコスト削減効果の検討−, Y07031, 2008.
  • 服部 徹, 遠藤 操, 大藤 建太, 古澤 健:卸電力取引所の活性化に関する現状と課題−市場参加者を対象とした意識調査を中心として−, Y08015, 2009.
  • 筒井 美樹, 大藤 建太, 後藤 久典, 古澤 健:わが国電気事業者における高経年送変電設備の管理に関する最近の取り組み, Y09016, 2010.
  • 後藤 美香, 古澤 健, 服部 徹:欧州における容量メカニズムの動向と課題−イギリス、フランス、ドイツの事例を中心に−, Y13013, 2014.

その他

  • 「Distribution planning and pricing in view of increasing shares of intermittent, renewable energy in Germany and Japan」,Christine Brandstatt, Gert Brunekreeft, Ken Furusawa, Toru Hattori
  • 電力中央研究所
  • 採用情報 Recruiting Information
Copyright (C) Central Research Institute of Electric Power Industry